現在位置
  1. トップページ >
  2. お知らせ 

令和2年7月31日更新


千代田区議会の見解



区長は、「総務省がどう言おうと、私なりに事実上不信任ととらえて、私が」解散を判断したと強弁していました。


これに対し、千代田区議会議員の全員から、区長に対し、総務省の見解に反し、法的根拠がない解散であることを主張し、予算特別委員会を通常どおり開催し、区長や理事者の出席を要請し、7月28日、29日、30日までの3日間待ち続けました。


この間、新聞やテレビは、区長の解散の効力については多くの疑問を報じてきました。


そして、ついには、本日の定例記者会見において、総務大臣からは「100条に基づく偽証告発が不信任議決とは考えにくい」との発言がありました。さらに、区長側が解散の根拠として挙げている過去の裁判例は、偽証告発に関するものではないとの発言もありました。


  

総務省のみならず、総務大臣までもが疑義を示しているにもかかわらず、本日まで区長は「議会は存在しない」と言い続け、予算特別委員会への出席を拒み、理事者の委員会出席も認めないという暴挙に出ています。


本日、ついに、千代田区選挙管理委員会の判断が示され、「適法な手続きを欠くものであり、解散処分は無効」であり、したがって選挙は行わないことを決定されました。区議会の主張が認められました。


「総務省がどう言おうが解散する」との暴挙で始まった不名誉極まりない区政の混乱は、連日メディアを通じて全国に報道されています。区民の間には区長の暴挙に対する不満が日に日に広がっています。


区長が区政の混乱を振り撒いた以上、これを収めるべき責任は区長にあることは明白です。選管の判断を真摯に受け止め、無効な解散を撤回し、早急に事態の収拾を図り、区政の混乱を収めることを強く求めます。
 



令和2年7月31日
千代田区議会議長   小林 たかや
副議長  大串 ひろやす
議員   小野 なりこ
議員  岩佐 りょう子
議員  長谷川 みえこ
議員   小枝 すみ子
議員   秋谷 こうき
議員  岩田 かずひと
議員   うがい 友義
議員   西岡 めぐみ
議員    飯島 和子
議員 牛尾 こうじろう
議員    木村 正明
議員  池田 とものり
議員    山田 丈夫
議員    永田 壮一
議員    内田 直之
議員  たかざわ 秀行
議員   はやお 恭一
議員   米田 かずや
議員     林 則行
議員    嶋崎 秀彦
議員    河合 良郎
議員   桜井 ただし
議員   小林 やすお

連絡先  千代田区議会事務局

〒102-8688  千代田区九段南1-2-1  区役所7階
電話  03-3264-2111(代表)  内線  3315〜6
ファクシミリ  03-3288-5920
メールアドレス  kugikai@city.chiyoda.lg.jp

<